合同説明会の選考への影響

合同説明会は必ずしも参加しなければならないわけではありません。

しかし選考に一定の影響を及ぼすため、可能な限り参加するのが望ましいといえます。

また単に参加するだけではなく、上手に利用することでその後の選考を有利に進めることが可能です。
一般的な日本の企業は、新規採用者の選考活動を毎年12月に開始します。

求人の応募が行われるのが翌年の3月で、最終的な内定が決定するのは10月です。求人への応募が始まる前に懇談会や説明会などのイベントが開催されます。
合同説明会も12月から3月にかけて行われるのが通常です。



様々な企業が1つの場所に集合してそれぞれブースを出し、参加者に企業活動の概要について簡潔な説明を行います。
合同説明会への参加者の人数もかなりの数になるので混雑を避けるためには事前の準備が欠かせません。しかし合同説明会はまだ就職希望先が決まっていない就活生に情報を提供することが主な目的で開催されます。就活生は自由に気になった企業の説明を受けることが可能です。


後に行われる個別説明会とは異なり合同説明会への参加は任意ですが、出席状況やビジネスマナーのチェックが行われ選考に影響を及ぼします。



この機会を積極的に利用することで就活生は企業に熱意を伝えることができ、その後の就職活動を有利にすることも可能です。
企業は新たな人材の選考に当たって志望度の高さを最も重視しています。

合同の説明会への参加は必ずしも求められるわけではありませんが、選考に影響を与える重要なものです。