合同説明会の参加で効率的な就職活動

就活生が合同説明会に参加するかどうかは基本的に任意です。必ずしも参加が求められているわけではありません。しかし合同説明会に参加することで、その後の就職活動を効率的に行うことができるようになります。

一般的に日本の企業は12月から新規採用者の選考スケジュールが開始されます。

合同説明会ならお任せください。

本格的な応募が行われるのは3月からです。


応募が始まる前の12月から2月にかけて合同説明会や懇談会などのイベントが行われます。確実に選考を通過するためには、この時期に開催されるイベントへの参加が非常に重要になります。

なぜなら企業は志望度の高い就活生を求めているからです。



より志望度が高い、熱意のある就活生ほど選考では有利に扱われます。確かに合同説明会への参加は任意ですが、出席者の状況やビジネスマナーの確認が行われ、選考にも影響を及ぼします。



通常は合同で開催される説明会の場合、服装は自由とされています。
実際にはスーツを着用して参加する就活生が大多数です。


また就職後の職場環境がどのようなものかは、就活生にとって重要な関心事になります。
合同説明会に参加して企業の人事担当者から直接説明を受けることで、企業の雰囲気や職場環境をうかがうことが可能です。

さらに直接企業に熱意を伝える機会が得られるというメリットもあります。
もちろんその後の個別説明会なども重要ですが、より効率的に就職活動を進めるためには合同の説明会への参加も重要なイベントです。